リーマンショック後の金融業界

金融業界も構造が、大きく変わりました。
しかし投資家や市場関係者は、変わった事の事実を拒否しています。
変化した事は金融市場へ流れ込みの継続的な広がりが、金融商品の値段があがり大勢の投資家が、
利益を上げるモデルが成立しない構造になったのです。

拒否をすると言う事は、新規の資本の流れ込みが無くなったのです。
その代わり中央銀行から、資本供給を増やす事により、資金の流れ込みが増加する事となるのです。
そして金融商品の値段が上がり、傾向変動の維持を保とうとしています。

今後の市場の動きが変化の拒否をし続けられるかにかかっています。
日本の市場も、この流れに巻き込まれます。
通常に考えると維持が、不可能となりいつ崩壊するのかが問題となるのです。

市場の本質です。市場の動きは、投資家の個人の願いを実現する事と崩壊で成り立っています。
市場のプレーヤーがリーマンショックから、急回復の傾向変動が目的とどちらが速いか量の影響力が上回るかです。
今ある資本の衰えを意味しているのです。

何故かと言うと、新興国資本が上がると言う事は新興国に移る事です。
そうじゃなければ市場の崩壊が厳しくなり、実在する経済の基となります。
昔からの言葉で言うと、産業資本が強くなるのです。
中央銀行に頼りお金を増やす事になります。

コメントは受け付けていません。