景気を決定する要因について

景気とは、「経済活動全般の動き」のことです。簡単に言ってしまうなら、全体的に商売がうまくいってるかを指します。これは商況とも言われ、経済が好況や不況と言う言葉も同じ意味として扱われます。または、お金の循環という意味でもあります。
経済は人から人へとお金が渡り、回っていきます。このお金の回る速さが商況なのです。実際に好況なときはお金は回転率が速く勢いがあります。
商況の良し悪しは国民や企業にアンケートをとり、その統計によって今商況が良いのか悪いのかを判断します。商況の良し悪しの判断は人のイメージによって決めており、企業の売上が全体的に伸びていても不況とイメージを持たれれば不況となるのです。
商況が良くなる要因は今までに無かった便利なものや、面白そうなものが発明されたりするとそれを買う人達が増え、会社がそれを作るために人をたくさん雇ったりしてお金が社会で回ることがあります。このような時、好況となるのです。
不況となる要因はとても大きな会社が倒産すると、沢山の人が職を無くすためその人たちがお金を使いにくくなります。そのため多くの人がお金を使いにくくなるため、お金の循環に歯止めがかかってしまい、商況が悪くなってしまいます。

コメントは受け付けていません。