為替レートに関連する要因とは

為替レートが動く原理は、世界中の異なる通貨間で、その通貨に価値が有るか無いかの判断をし、資金を流動させることで発生します。
経済活動が盛んなところにはお金が集まり、逆に停滞しているところからはお金が流出していきます。その単純な動きが異なる通貨間で発生することで、為替の変動が起こります。
通貨の価値は、その通貨を発行する国家の価値と同意に捉える事が出来ます。その為、通貨の価値と変動は、その国の経済活動全般が決定要因と言えます。
自分が住んでいる国内の景気であれば、日常生活の中でも意識次第で感じ取れる部分もあり、ニュースなどをチェックすれば様々な情報を得ることが出来ます。しかし、外国の経済情勢を把握しようとすると、GDPなど、国ごとで公表されている経済指標が主な判断基準となります。
各国の経済状況を把握する指標の主たるものとして、政策金利や雇用統計などがあります。また、政府要人や中央銀行総裁の発言も、その後の景気変動に影響を及ぼすとして相場は敏感に反応します。
更に、自然災害なども国の経済活動に大きく影響を及ぼすことから、為替変動に大きく関わります。
それらの既に起こった事象だけでなく、そこから今後起こり得るであろう見通しも通貨の動きに盛り込まれています。

コメントは受け付けていません。