銀行と情報開示

銀行が担う役割は多種多様です。現代社会においては個人や企業、国や地方公共団体などのお金を送り込むと社会的にも大変重要な役割を担っています。銀行などの金融機関なしには現代の社会は成立しません。
銀行の業務に欠かせないのがディスクロージャー誌です。ディスクロージャーの意味は、企業が経営内容に関する情報を公開する事や、行政機関の持つ情報を国民が自由に知る事が出来るように情報開示をする事です。
投資家は企業が公開した情報を元に、どの企業に投資すればいいのかを検討します。最終目的は自身の利益を得る事です。その為に不良債権を出すような企業への投資は避けるべきです。その判断基準となります。
更に銀行自体も年に2回、経営内容を一般公開しなければならない決まりが銀行法と言う法律で定められています。投資家が企業に投資する際に、どの金融機関を選ぶのかの決め手になる情報です。その内容は業務内容や財務内容などですが、顧客を確保する為の重要な資料でもあり情報です。銀行と言えども、利益を上げなければならないから商売です。顧客を確保する為や集客の為の情報を作るのも大切な仕事です。正しい情報を提供しないと経済は非常に混乱します。その情報によって現代経済は成り立っています。

コメントは受け付けていません。