銀行が担う役割について

銀行というのは、生活していく上でなくてはならない存在です。その役割は一個人にしても企業にしても重要で、個人の場合は資産の管理などを行います。給料が振り込まれ、窓口やATMを利用して自分の預けてあるお金を引き出したり、税金を支払うための窓口でもあります。
その他にも、住宅ローンや教育ローンといった用途別のローンを組むことができるので、家や車などの高額となる買い物もローンを利用することで可能となります。必要な分だけ融資を受けて、それを毎月返済していくという流れになります。
用途が決められたローン以外にも、自由な用途で使うことができるフリーローンというものもあり、カードローンとも呼ばれています。これを利用することで、急にお金が必要になった時などはありがたい存在となります。このように、個人で利用する場合は資産の管理だけでなく、融資や投資信託なども行うことができます。
企業となると、運転資金や回転資金などお金が必要となった時に融資を受けたりすることも可能です。融資の条件など決められたこともあり、必ずしも融資を受けられるというわけではありませんが、企業にとっても個人にとっても、大事なお金を管理するという重要な役割を担っているので、なくてはならない無いと困る存在となります。

コメントは受け付けていません。